バッグの種類や用途を知って、バッグを有効に使いましょう。

2009年05月19日

エコバッグ

今では、エコバッグとよばれるバッグを
持っている人多くなりましたね。


そのためか、エコバッグとよばれるバッグの種類は多くなりました。


エコバッグと聞いて思い浮かぶのは、
ほとんどの場合、スーパーなどのレジ袋のかわりに
使用するバッグですが、このスーパーのレジ袋として
使用するバッグも、レジのカゴの大きさにぴったりと
あてはまるレジカゴバッグといわれるものから、
スーパーなどでもらっている袋の形と実に様々な種類があるのです。


例えば、スーパーなどのカゴにあわせた
大きさの「レジカゴ型」はもちろんのこと、
携帯型のエコバッグとして、
レジ袋のような形のエコバッグ
夏場の暑い日や冷凍食品を入れる保冷・保温型のエコバッグなどと
種類も大きさも豊富です。


なぜ、エコバッグがこれほど普及したのかというと、
それは、地球温暖化が影響しているのです。


地球温暖化を防ぐために、ゴミの削減や、
森林資源や石油資源を守るため、
エコバッグを持つことやマイ箸を持つことが普及しています。


レジ袋の削減なんて小さなことと思いがちですが、
一人一人がエコバッグを持参するようになると
とても大きなものにつながります。


こういった背景から、エコバッグはこれからも
様々な形に変化しつつ普及し続けると言えるでしょう。


この頃よく見かけるエコバッグは
とてもかわいいものが多くなってきましたので、
マイエコバッグを持つ習慣をつけると
地球にも優しく環境にもいいかもしれませんね。
posted by バッグファン at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ バッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。